TOKIOメンバー山口達也さんのわいせつ事件

なんだか表題の件で世間がさわがしい。

いろいろなご意見があると思うが、私が一番感じたのは、ジャニーズ事務所の衰退である。

SMAPの解散を引き金に、事務所の影響力が弱まっているように思う。

ビジネスはひとを超えないと、ずっと言ってきたが、社長であるジャニー喜多川さんもそろそろ引き際ではないだろうか。

また、コメントで気になったのは、ダウンタウンの松本人志さん。

細かい事は割愛するが、芸能化の第一線で活躍することは、以前にもまして厳しい時代になった。

松本さんも例外ではない。

ずいぶん前に島田紳助さんも引退し、とんねるずの「みなさんのおかげでした」も終了した。

今回の事件に対する松本さんのコメントをたまたま目にした。

本人が自覚しているかどうかは知らないが、なんとなく第一線に留まることが苦痛になっていうように感じた。

彼が、そこから退く日も遠くないのかもしれない。

さてさて、山口達也さんのわいせつ事件。

すでに、示談が成立して、本人も無期限謹慎だという。

デリケートな事件だけに、これ以上騒ぎ立てる必要性があるのだろうか。

もっと、さわがなければいけないニュースは他にもあるはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です