福山雅治「生きてる生きてく」歌詞から学ぶ

不思議なものだ 子どものころは
大人になんて なれないのに
大人になれば「ときめく」だけで
いつでも子どもになれる
いままで生きて 出した答えは
正解よりも 間違いの方が
多いよ 僕は間違いながら
大人になって来たんだ
こんな僕の人生の いい事や駄目な事が
100年先で頑張ってる
遺伝子に 役に立てますように
いまを生きてる

いままで人を 好きになって
傷つけた事 よく覚えている
伝える事や 判り合うって
好きになるほど難しい
こんな僕の青春や 傷跡や 甘酸っぱさが
100年先で恋をしてる
遺伝子に 勇気になれますように
今日を生きてく

失敗とか後悔から
覚悟することを学んだ
逃げられない苦しみに 悲しみに勝つために
大きな夢をひとつ持っていた
恥ずかしいくらい バカげた夢を
そしたらなぜか 小さな夢が
いつのまにか叶ってた
そうだ僕は僕だけで 出来てるわけじゃない
100年1000年前の遺伝子に
誉めてもらえるように いまを生きてる
この生命で いまを生きてる
今日も生きてく

上記が映画ドラえもんの主題歌にもなっている福山雅治さんの「生きてる生きてく」の歌詞です。

耳コピなので、間違えていたらすいません。

福山さんは、最近、なぜか100年という言葉をよく使いますね。

いろいろ深く考えると長いのか短いのか・・・。ですが、今この世にいる人の肉体にフォーカスするなら、100年後にはほとんどが骨だけになっていることは確実です。

歌詞にある「遺伝子」というのは、ただ単に自分の祖先・子孫ということだけでなく、未来に残すべき夢や理念や志しなども含んだ人類を意味しているような気がします。

「好きになるほど伝えることや判り合うことが難しい」
「恥ずかしいくらい大きな夢を持つと、小さい夢がいつのまにか叶っている」
いちいち共感してしまいます。

また、最後の方では、ご先祖さまを大切にしましょうというメッセージが込められているように思います。

そして、結局、過去に感謝し、良き未来にするために、「今ここ」を一生懸命生きることが一番大事ということです。

ところで、子どものころはテレビでよく観ていたドラえもんですが、大人になってから映画を観たことがありますか?

私もすべて観ているわけではありませんが、子どもだけの娯楽にしておくにはもったいないほど、しっかりとしたメッセージのあるストーリーになっている作品も多いでのです。

せっかく福山雅治さんの歌も主題歌になっていることですし、お子さんとご一緒に、映画館で観てみるのも良いのではないでしょうか。

2012年6月追記

学生時代、福山雅治さんのHALLOを弾き語りで練習したことがありましたが、久しぶりにギターが弾きたくなりました(^_^;)

↑とりあえず、ヤマハのぷりんと楽譜で「生きてる生きてく」の楽譜を購入したので、チャレンジしてみようと思います!
生きてる生きてく/ギター(弾き語り)/中級にチャレンジしたい方がいらっしゃれば、こちらへどうぞ(^_^)/

うん、諦めなければ、失敗はない・・・・はずです(~_~;)