カテゴリー: 今ここ


とんねるず(みなさんのおかげでした)のギャラと今後の進退

6月末でフジテレビ会長の座を退き、代表権のない取締役相談役に就くことになった日枝久氏(79)だが、今後の動向が注目されている。

放送記者が話す。

「先日、決算説明会で久しぶりに公の場に出てきた日枝氏は、『これまでも執行上のことは社長に任せ、指示したことはない。今後も新会長、社長をバックアップするだけ』と話していました。

ただ、1988年の社長就任以来、30年近く“フジテレビのドン”だっただけに、今後も“院政”という形で影響力を持つのでは、という見方も根強くある」

フジのベテラン社員は次のように指摘する。

「亀山(千広)社長(60)が更迭されBSフジ社長になることで、ズタズタだったドラマは“亀山案件”がなくなり、自由なスタンスで作れるようになると思います。一方、本当に日枝さんの影響力がなくなるのかは分かりません。“リトマス試験紙”になるのは『とんねるずのみなさんのおかげでした』でしょう」

テレビ誌記者が解説する。

「『みなさんのおかげでした』は、マンネリ化に加え2人の人気も落ちて、視聴率はヒトケタが続き、5%程度のときも少なくない。2人合わせて1本700万円とも言われるギャラもネックでした。ここ数年はフジ内部からも『もう打ち切った方がいい』という声は聞こえていました」

それが、今も続いているのにはワケがある。

「日枝氏が編成局長時代に『夕やけニャンニャン』でとんねるずがブレーク。社長時代に『みなさんのおかげです』で高視聴率を叩き出し、フジ黄金期に大きく貢献した。以来、とんねるずの番組は“日枝物件”と呼ばれ、特に石橋貴明(55)とは食事やゴルフに行く仲です。亀山社長はタモリ(71)の『笑っていいとも!』は打ち切りにできても、とんねるずはついに切れなかった」(芸能デスク)

バトンは新社長に就任する宮内正喜氏(73)に渡された。

「宮内氏が最初に手掛けなければならないのが番組の見直しです。第1弾となる10月の番組改編で、低迷久しい『みなさんのおかげでした』の打ち切りが発表されれば、本当に日枝氏の院政はないことが分かります」(同前)

“リトマス試験紙”にはどちらの色が出るのか。

ここまでは、2017年5月28日付のニュース記事を引用した。

日枝さんといえば、ホリエモンこと堀江貴文氏が、フジテレビ買収の騒ぎを起こしたころが懐かしい。

ライブドア時代、フジテレビも球団も手に入れることができずに、粉飾決算で檻に入れられたホリエモン。

日枝さんも、当時、実際に球団を手に入れたソフトバンクの孫正義さんも楽天の三木谷さんも、彼より一枚も二枚もうわてであった。

その辺りのことは、話すと長くなるので割愛させていただく。

ところで、檻から戻ってからも、ちょこちょこメディアに登場しているホリエモンの最新本「多動力」が売れているらしい。

私自身は、読む気もないが、とりあえず、世間一般の情報として紹介だけはさせていただく。

彼も今のところ大したことは成せなかったが、ある意味、一時代の犠牲者だったと思う。

そう考えると、同世代の人物が、良いか悪いかは別として世の中を変えようと努力しているという点では、応援したいところである。

おそらく、個人差はあるだろうが、上記の本「多動力」が役に立つ世代があるだろうなと考えている。

さて、話しを戻すと「みなさんのおかげです」の時代。

若かりし頃の私自身も毎週楽しみに観ていたが、、、当時は当時、今は今。

まさに、実情は、引用した記事の通りだと感じたので、ここで紹介することにした。

とんねるずさん、今までありがとうございました。

確かに、あなた方が、この国に与えた影響は大きかった。

だが、この辺が限界ではないだろうか。

ギャラは落として欲しくないので、後輩に居場所を譲るのも一法である。

ちなみに、ギャラの内訳は、石橋400万、木梨300万くらいではないかと想像している。

石橋貴明は、事務所(アライバル)の代表取締役でもあるのだ。

余談だが、大リーグのイチロー選手にも同じことがいえる。

かつての、いちファンとして、キレイな引き際を期待したいところである。

母の日に菊の花

今日は2017年の母の日。

日本では母の日というとカーネーションが定番だが、最近では菊を送る人もいるらしい。

お母さん(Mom)と菊(Mum)でマムという発音が似ているため、オーストラリアでは定番なのだそうだ。

なので、本日、菊の入ったちょっとした花束(多分仏壇用)を買ったのだが、店員さんが気を使ってくれたのか「ちょっとこの辺の花が元気がないので」と言って母の日用のカーネーションが2本くらい入った小さな花束をサービスでつけてくれた。

もしかしたら、母の日用の花束を買いに来て、間違えて仏壇用の花束を買ってしまった残念な人だと思われたのかもしれない。

・・・

なんだかちょっと気恥ずかしい気もするが、そんな店員さんの気配りが、ありがたくてうれしかった今日この頃である。

さて、とにかく、今日は母の日。

日ごろの感謝を何かしらカタチにしてみてはどうだろう。

エライひと

エライひとには、大いなる決断力がある。

エライひとには、実務家を動かす魅力がある。

エライひとには、日銭を稼ぐ現場を上手にマネジメントする能力がある。

逆に、あなた自身がエライ立場だったらどうだろう。

重要な決断はできるだろうか。。。

実務家を動かす魅力を持っているだろうか。。。

日銭を稼ぐ現場をしっかりマネジメントできているだろうか。。。

ちなみに、私は、上場企業の元役員に方に、マネジメントとは何かと尋ねたことがある。

その方は、「マネジメントとは哲学」とおっしゃっていた。

私自身も、おっしゃる通りだと思った。

一言で片づけるのは少々乱暴かもしれないが、要するにマネジメントするには、いろいろな知識や経験が必要だということだ。

さてさて、残念ながら、血筋やら偶然が重なって、エライひとを演じているだけの人もいる。

もし、本人にその自覚があるのなら、その立場を適任者に譲るのも一法だろう。

実際に、ホンモノのエライひととは、まわりが自然とそういう立場にしてくれるものである。

例えば、昔から座る場所には上座と下座がある。

上座とは、概ね入口から一番遠い奥の席だ。

要するに、「入口付近の雑用は我々下座でやりますから、どうか奥の席にお座りくださいませ」ということなのだろう。

だが、たまたまそんなことも知らずに上座に座った人がいても、ホンモノのエライひとは、そんな細かいことにこだわるだろうか。

少なくとも、私は、そうは思わない。

実際、私自身も以前は、座る場所などそれほど意識していなかった。

だが、最近は、そう言った席順も少しは気にするにようなった。

そう考えると、ホンモノのエライひとは、周りから自然と上座に座らされているものである。

では、どういう人が上座にいるかというと、しょうもない地位や名誉にこだわるのではなく、夢や理想をしっかり持っている人なのだと思う。

だが、夢や理想と地位や名誉のバランスをとるのは難しい。

もしも、地位や名誉を得るためにメッキで加工したとしても、所詮、そんなものは、すぐに剥がれてしまう。

逆に、夢や理想という原石があったとしても、苦労して磨かなければ輝くことはない。

楽(らく)しては、何も成せないということである。

いずれにしても、ひとつだけ確実に言えることは、やはり、夢や理想がないと何事も始まらないということだ。

原石をしっかり持っている人は磨く努力をしなくてはいけないし、メッキ加工している人は、原石探しからやり直すしかない。

ヘタにメッキで加工した分、夢や理想・地位や名誉など、何も持っていない人より、やり直すのは難しいかもしれないが、手遅れになる前に自らメッキを剝がしてみてはどうだろうか。

もしかしたら、本当にやりたい事や成すべき事が見えてくるかもしれない。

どうせ努力をするなら、メッキ加工するより、まずは原石ありきで、それを磨いたほうが、絶対的に楽(たの)しいはずである。

※楽(らく)と楽(たの)しいは、同じ漢字でも意味が異なる。仕事とは決して楽ではない。だが、楽しみたいものである。

二大政党制とトランプ大統領

アメリカは、二大政党で成り立っている。

ご存知の通り、オバマ前大統領は民主党で現トランプ大統領は共和党。

物事をいろいろな角度で見るためにも、二大政党制は必要だと考える。

だた、グローバリゼーションの波を考えると、例えアメリカといえども、一国ではどうにもならい。

TPPの件もそうだが、トランプ大統領は、時代の大きな波に半ば強引に逆らっているように思う。

バランスをとるための二大政党制なので、トランプ大統領のリーダーシップはアメリカにとって必要であったのだろう。

だが、世界が良くなるためのワンステップであって、それほど長い時間は必要ない気がしている。

謎の石盤?

北関東自動車道を太田・桐生インターから乗って西(高崎JCT方面)へ向かうとすぐ、左側に謎の石盤が目に入ってくる。

ずっと、気になっていた。

それは、畑の真ん中で不自然に並んでいる。

まるで古代遺跡のようである。

想像は、どんどん膨らむ。

ワンピースで言ったら、ポーネグリフのようなものではないだろうか。

もしかしたら、世紀の大発見?

そこで、

昨日、確かめに行ってみた。

・・・

なんのことはない。

ただのコンクリートの廃材であった。

日ごろ、気になっていることは誰にでもあると思う。

「いつか確かめよう」「いつかやってみよう」

ただ、その「いつか」は、いつ来るのだろうか。

私は、最近、そう考えるようにしている。

なので、わざわざ時間を創って、謎の石盤を確かめに行ったわけである。

気になり始めてから、すでに数週間は経ってしまったが。。。

「今ここ」

今日から新しく追加したカテゴリー。

常に今ここを一生懸命に生きたいものである。

ちなみに、北関東自動車道を西へ進むと、謎の石盤の先には、やけに目立つ大鳥居がある。

これは、伊勢崎市にある小泉稲荷神社の大鳥居であるが、こちらは伏見稲荷大社のように鳥居が並んでいる神社である。

そこまでは、ネットで検索すればすぐに分かることだが、実物を拝見したことはない。

そこで、本日は、いつかは参拝したいと思っていた小泉稲荷神社まで足を運んでみた。

人生最期の日を迎えた時の心残りをまた一つ片づけたような気がしているが、今度は京都の伏見稲荷大社を参拝したいと思う今日この頃である。