投稿者: beam

六つの精進

前回の続きで、経営者として、あるいは一人の人間として、どのように精進すれば良いのか?

それについても、稲盛和夫氏の「経営者のこころ」で言及されていたので、以下にてご紹介したい

~心を高めるために~
「六つの精進」の実践が
すばらしい人生と経験をもたらす

1.誰にも負けない努力をする

人は誰でも、自分は努力している、がんばっていると主観的に考えがちです。

しかし、本当にすばらしい人生を生きていこうとするならば、人並み以上に努力を払い、仕事に一生懸命打ち込むことが大切なのです。そのためには、まず仕事を好きになることです。好きだからこそ仕事に没頭でき、悔いがないという状況をつくることが必要です。

それには仕事に惚れ込んで、夢中になって、人並み以上の努力が自然にできるような状態に、自分を置くということです。これが誰にも負けない努力をすることの要諦なのです。

2.謙虚にして驕らず

「ただ謙のみ福を受く」という言葉があります。人は謙虚にして初めて幸福を受けることができるという意味です。

成功する人とは、内に燃えるような情熱や闘争心、闘魂を持っていても、謙虚で控えめな人です。生きていく上では、謙虚な振る舞い、謙虚な態度が大切なのです。しかし、人は往々にして、成功したり地位が上がると、謙虚さを忘れ傲慢になりがちです。こうした時にこそ、「謙虚にして驕らず」ということが、なおのこと大切になるのです。

3.反省ある毎日を送る

一日が終わった時に、その日を振り返り、反省をすることが大切です。例えば、「人生に不愉快な思いをさせなかったか」「不親切ではなかったか」「傲慢ではなかったか」「卑怯な振る舞いはなかったか」、さらには「利己的な言動はなかったか」というように、一日を振り返り、「人間として正しいこと」を行ったかどうかを確認するのです。

自分の行動や発言で、もし反省することが少しでもあれば、改めていかなければなりません。反省のある毎日を送ることで、人格(魂)が磨かれていき、すばらしい人生を送ることができるのです。

4.生きていることに感謝する

人は決して自分一人で生きてはいけません。空気や水、食料、また家族や職場の人たち、さらには会社など、自分を取り巻くあらゆるものに支えられて生きているのです。

こう考えた場合、健康で生きているならば、そこに自然と感謝の心が出てこなければなりません。感謝の心が生まれてくれば、人生に対する幸せを感じられるようになってきます。生きることに感謝し、幸せを感じる心によって、人生を豊かで潤いのあるすばらしいものに変えていくことができるのです。

不平不満を持って生きるのではなく、現状あるがままを、あるがままに感謝し、さらなる向上を目指して一生懸命に努力する。そのためにも、まず生きていることに感謝すべきなのです。

5.善行、利他行を積む

「積善の家に余慶あり」と言います。これは善行を積んできた家には、よい報いがあるということです。

世の中には因果応報の法則がり、よい行いを重ねれば、家や家族はもちろん、個人の人生にもよい報いがあります。利他業もこの善き行いの一つです。人が生きる上では、善きことを思い、実行していくことが大切です。善きことを積み重ねていくことで、私たちの人生は開け、よりよいものとなっていくのです。

6.感性的な悩みをしない

人生では、心配事や失敗など、心を煩わせるようなことがよくあります。しかし、一度こぼれた水が元へと戻ることがないように、起こってしまたことをいつまでも悔やみ、思い悩んでも意味はありません。クヨクヨと思い続けることは、心の病を引き起こし、ひいては肉体の病につながり、人生を不幸なものにしてしまいます。

すでに起こってしまったことはいたずらに悩まず、新しい思いを抱き、新しい行動に移っていくことが大切です。済んだことに対しても、感情や感性のレベルで心労を重ねるのではなく、理性を物事を考え、新たな行動にただちに移るべきです。そうすることが、人生をすばらしいものにしていくのです。

以上

まさにおっしゃる通りである

経営はトップの器で決まる

京セラ・第二電電(現・KDDI)の創業者で盛和塾の塾長でもある稲盛和夫氏の「経営のこころ」より、以下引用

さて、「カニは甲羅に似せて穴を掘る」ということが、時として人々の口にのぼってきます。これは、カニが自分の甲羅の大きさの穴しか掘らないように、人は自分の身の丈に合わせたことしかできないという、世間一般に流布していることわざ、いわゆる俚諺(りげん)です。

しかし、このことは単なる世間智(処世の知恵)ではなく、企業経営においてはまさに核心を突いた要諦なのです。経営においては実際に、業績は経営者の「器量」、つまりその人間性、人生観、哲学、考え方、あるいは人格の通りにしかならないものなのです。

例えば、ご存知のように、京セラでは「アメーバ経営」という小集団部門別採算の経営を行っていますが、なかにはアメーバが発展するにつれ、うまく運営できなくなるリーダーが出てくるのです。あるいは、抜擢されて、大きな組織を担当するようになると、力を発揮できなるなるリーダーが存在するのです。

これは、企業経営でもよくあることかもしれません。会社が小さいうちはうまく治めていたはずの経営者が、会社の規模が大きくなるにつれ、経営者としの役割を果たせなくなるということが、往々にしてあるはずです。

それは、単に能力のみならず、その集団のリーダーの人間性が、組織の発展に合わせて高まっていなかったために起こることだと私は考えています。組織の拡大に伴い、発生する問題も次第に大きくなり、高度化し、複雑化していきますが、人間性が高まっていなければ、その新しい局面に対応できなくなってしまうのです。

引用ここまで

「ビジネスは人を超えない」と私もずっといってきた

自分の器を超えた経営者が会社を倒産させたり、事業規模を小さくしたり、といったことを私自身も実際にみてきた

言い回しこそ違いはあるが、改めて、「ビジネスは人を超えない」ということを確信できる内容だったので、ここに紹介させていただいた

要するに、企業のトップは、まずは一人の人間として常に精進していないと、会社を発展させ、安定した経営を続けることはできないということである

「俺の家の話」最終回の感想と長瀬ロス

ネタバレを含むので、これから視聴する方は、読まないほうがよろしいかと思う

・・・・・・

さて、

早いもので、昨日、最終回を迎えた

地上波のテレビには飽き飽きしていたので、久しぶりに視聴した連ドラであったが、流石に最終回の展開までは、読み切れなかった、、、

そう、

「長瀬智也」演じる観山寿一が、プロレスの試合中の事故で死んでいたのである

なんとなくだが、俳優「長瀬智也」の消滅というメッセージも含んでいたのかもしれない

私も含め、長瀬ロスを寂しく感じる人も多いだろう

そんな我々のために、俳優としての長瀬智也ときちんとお別れさせてくれた作品になったのではないだろうか

オモシロかったのは、戸田恵梨香が演じた「さくら」だ

観山家を頼んだ寿一の意図とは、異なったカタチ(弟:踊介との結婚)ではあったが、彼女なりに観山家を守ろうとしてくれたわけである

・・・

改めて、

女性にとって結婚と恋愛は別物なのだと感じた(男性も同様なのかもしれないが)

逆を言えば、

幸せとは、それらが同時に叶うことなのかもしれない、、、

エージシュートと健康と哲学

エージシュートというゴルフ用語がある。

十八ホールを自分の年齢以下のスコアで回ることである。

私が初めてこの言葉に触れたのは、群馬県太田市在住で「現代の名工」にも選ばれた武井國八さんを当時の仕事で取材したときであった。

建築板金工の武井さんは、60歳を過ぎてからゴルフを始めて、80歳を過ぎたころに、エージシュートを達成したことがあるとおっしゃっていたのが、とても印象に残っている。

そのことは、記事には載せなかったが、そのときからエージシュートが、私自身の人生の目標のひとつになった。

80歳を過ぎても、足取り軽やかな武井さんの健康的な姿が、エージシュートと重なったのかもしれない。

さて、先日、アマチュアゴルファーである植杉乾蔵(うえすぎけんぞう)さんの記事を目にした。

植杉さんは、九十六歳に至るまでに、エージシュートを千四百七十二回も達成したという。

それには、調理師資格を持つ奥さんの協力があるのだとか。

いずれにしても、プロ、アマ問わず、エージシュートを達成できるのは、ごくごく一握りのゴルファーのみ。

年齢を重ねても健康であることが絶対条件である。

さてさて、

武井さんの取材をしてから、ずいんぶんと時が経ち、私もアラフィフになったが、未だにゴルフを始めてもいない、、、

自戒の念も込めて、今、この記事を書いている。

・・・

以前からゴルフには哲学を感じていたので、いつか始めたいと思っていたのだ。

そう考えると、林修さんの「今でしょ」は、やっぱり哲学といってもよい。

それにしても、アラフィフ男が、エージシュートを達成するためにゴルフを始めるには、何から手を付ければ良いのかしら、、、

どなたか、良きアドバイスがあれば、ご教授いただきたい今日この頃である。

ボロボロのジャニーズ事務所

ビジネスは人を超えない。

これは、私自身の経験も踏まえて、間違いない。

例えば、ジャニー喜多川さんが亡くなった後のジャニーズ事務所はボロボロ。

細かいことは割愛するが、退所者は後を絶たず、とうとう長男のマッチまで、ゴシップネタになっている。

もはや、事務所に情報流出を抑えるチカラもないのだろう。

最初に申した通り、どんなに大きくなろうが、小さかろうが、いち企業はトップの器を超えないのである。

現在、ジャニーズ事務所のトップは、藤島ジュリー景子さん。

まず、彼女の器まで、事務所は小さくなるだろう。

つまり、彼女の器に収まらない人は、退所するしかない。

良いか悪いかは別として、ジャニー喜多川さん亡き後、残るのはアーティストと言うより、サラリーマンアイドルと言っていいだろう。

個人的には、長瀬智也さんが退所組で良かったが、表舞台から消えるのは残念である。