性のボーダレス

今から十三年前。

私が恩師のビジネスセミナーで学んだことの中に「ボーダレス」というキーワードがあった。

読んで字のごとく、いろいろな境目がなくなるということである。

細かいことは割愛するが、今、感じるのは、当時から予想されいていた男女のボーダーが、いよいよなくなってきたということだ。

もはや、会社が社員を守ってくれる時代は終わった。

若者は、経済的な理由や将来の不安から結婚できない。

無事に結婚しても、共働きでないと、子育てできない。

こうして、女性は家庭を守るだけでなく、世に出て稼がなくてはならない時代になったわけである。

そうなると、有能なひとは、性別を問わず活躍する場ができる。

つまり、男性は外で稼いで女性は家庭を守るという図式は、すでにくずれているというわけだ。

そうなると、女性でも仕事ができれば、バリバリ稼ぐようになる。

中には、家計を支える妻と子供のために家事をこなす主夫もでてくるのは当然なことである。

そして、英雄、色を好むといはよく言ったもので、稼ぐひとは男女を問わず色を好むのが人間の性なのだろう。

最近ご活躍の女優や女性議員の不倫騒動が相次いでいるのは、そういった時代の象徴ではないかと考えている。

私自身は、以前から「心に素直に」と言っている。

なので、特に彼女たちの生き方をとやかく言うつもりもない。

かつて、不倫が発覚してニュースになるくらいのとある男性政治家と酒の席で一緒になる機会があった。

私が、その件について何気なく聞いてみると「ちゃんと仕事をしてるんだから、それくらいいいだろう」と言っていた。

彼を擁護するわけではないが、奥さんからどんなに非難されようとも、それなりの仕事をしているから離婚には至っていないのだろう。

現在、不倫騒動で話題の女性陣の中には、「明らかに給料ほど仕事してないんじゃないの?」と思われる人も何人かいるが、まあ、彼女たちの本音は、上記の政治家と同じようなところかもしれない。

それにしても、一般庶民の浮気調査をする探偵同様、他人のあんな秘密写真を撮る(盗る)ということがビジネスになってしまうのだ。

誤解を恐れずに、あえて彼女たちの本音を代弁すると「なんだか住みにくい国になってきた」といったところだろうか。

さて、環境はボーダレスになったとしても、所詮は男と女。

要するに、最近流行りのキーワードになっている「一線」もボーダレスになってきたということかもしれない。

なにはともあれ、それなりの立場にあるなら、せっかくの偉大な恋愛エネルギーを良き世の中にするために、有効活用していただきたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です