寅さん名言集001

第39作『男はつらいよ寅次郎物語』で、秀吉少年が寅さんに「なんのために生まれたのか」と尋ねると、「何度かいいことがある」と答える。

この世に生まれても、つらいことばかりである。

だが、「何度かいいことがある」ものだ。

生まれてくる理由など、きっとそんなものかもしれない。

人生で、たった何度かあるいいことのために、あるいは、たった何度かいいことを起こすために、今ここを一生懸命に生きるしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です