安室奈美恵と細眉毛

安室奈美恵さんが過日、引退した。

あまり彼女のことは詳しくないが、細い眉毛を流行らせたのは、恐らく彼女だったと思う。

だが、今はナチュラルな眉毛が流行っているという。

確かに、太い眉毛は簡単に細くできるが、細い眉毛を太くするのはむずかしい。

たまたまだろうが、彼女の引退は、眉毛の流行に少なからず影響を受けているように思ってしまう。

そもそも、流行というのは恐ろしいもので、かつては美しいと思えた細い眉毛も、今では過去のできごと過ぎない。

そう、かつて、パンタロンなどが流行ったように。

今、私が感じるのは、太かろうが細かろうが、お手入れをするひと手間が美しいのだということ。

細い眉毛のひとは細いなりに、太い眉毛のほとは太いなりに手入れをする。

要するに、美しさも努力次第ということである。

そして、アーティストとは、絶対的な美の基準を持っているひとのこと。

例えば、安室奈美恵さんは、細い眉毛に絶対的な美しさの基準をもっていたのだろう。

もしも、あなたに絶対的な美の基準がないのなら、それを持っているひとの基準に従うしかない。

そこに、アーティストの価値があるわけである。

安室奈美恵さんは、一時代の美しさの価値を造った。

この記事を目にしている方は、美の基準を造るアーティストであって欲しいと願っている。

もしも、そうでなかったら、せめて、美しさを求めて努力しているひとであって欲しい。

今ここを美しく生きる。

それを繰り返して生きたひとと、そうでないひととは、徐々にではあるが、圧倒的な差ができるのだろう。