運が人を選ぶ

「雀鬼(じゃんき)」の異名を持ち、麻雀の世界で一度も負けなしの無敗伝説を作った桜井章一氏は、「運は求めてやってくるものではなく、運が人を選ぶ」と語っている。

下記の三つを意識することが運命に選ばれる秘訣なんだとか。

  1. 人との関係について感じたり考えたたりする「相互感」
  2. 全体を見通す「全体感」
  3. 変化のタイミングをとらえる「時の感覚」

これらの要素は、互いにつながり合って動いているという。

この三つのつながりを感じ取れるように、日々努力することが、運に選ばれる近道なのかもしれない。

 

余談だが、漫画家の故・赤塚不二夫さんは、麻雀をやる際、相手に申し訳なくてロン(他人が捨てた牌でアガる事)ができなかったという。

なので、ツモ(自分が引いた牌)でアガるしかないわけだ。

ボクサーなら、左手一本で戦っているようなもの。

だが、ほとんど勝てなくても、仲間とやる麻雀が好きだったという。

ちなみに、これは、以前、テレビでタモリさんが言っていた内容だ。

 

世に出る人たちは、実にユニークである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です