カテゴリー: メモ

「孤独のグルメ」メモ

表題の通り、単なるメモである。

以下、ニュース記事より引用。

「孤独のグルメ」は超人気でも制作費は格安 それを支える松重豊の人柄と気合
6/22(火) 9:06配信

日刊ゲンダイDIGITAL
松重豊(C)日刊ゲンダイ

金曜の深夜にあの禁断のドラマが戻ってくる。俳優・松重豊(58)が主演の人気グルメドキュメンタリードラマ「孤独のグルメ Season9」がこの7月からスタートする。

松重豊は今や「日本の年末年始の顔」に “バイプレイヤー”超えの存在感

ドラマは輸入雑貨業を営む主人公・井之頭五郎(松重)が、仕事先で自身の欲望の赴くまま見つけた食事どころに立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す。一人、ムシャムシャとおいしそうに食べる男・井之頭の姿に視聴者はクギ付け。SNSなどに“飯テロ”などと書き込み、深夜の“ドカ食い”という禁断の誘惑に駆られる視聴者が続出した大人気シリーズだ。

しかし、その舞台裏は驚くべき地味なものだった。まず度胆を抜かれるのが制作費。通常深夜帯のドラマでも最低1本当たり800万前後が相場といわれているのだが……。

「総制作費は1本あたりわずか200万円弱ですね。松重さんのギャラが30万円程度。残り170万がエキストラやディレクターなどの人件費、ほかは編集費、機材費、車両費などでしょう。安さの秘密はオールロケで美術セットが必要ないこと。また、スタッフの弁当はロケ先となる飲食店で用意してもらうんです。ちなみに松重さんのギャラはSeason1の時は20万程度。少しずつですがアップしているようです」(制作関係者)

しかし、制作費が安いだけでSeason9まで続くわけがない。その裏には俳優・松重の人柄と気合に支えられるスタッフの姿があるという。

「松重さんは基本、ロケで出される食事は全て食べ切ることをモットーにしているんです。もちろん松重さんが特別、大食いというわけではない。数年前までは朝食を抜いてロケに参加していたが、ここ1、2年は前日から食事を抜いてロケに参加しています。また、松重さんは基本、何度でも撮り直しに応じてくれる。何度でも食事を口にしてくれるんです。嫌な顔をされたことは一度もありませんね」(事情通)

■プライベートでお礼参り

さらにドラマでウリとなっているあの心の声のモノローグも基本は現場で撮り終えてしまうという。

「食事の臨場感を忘れないうちにロケ車などで録音してしまうそうです。もちろん編集費を削る目的もありますが」(芸能プロ関係者)

これまで取材対象先となった実存する飲食店とトラブルになったことも一度もないという。

「スタッフのケアが優れているのも事実ですが、一番は松重さんです。ロケ後にプライベートでお礼を兼ねてお店を訪れるそうなんです。もちろん店にもスタッフにも内緒です。バレない理由は簡単ですよ。実は、ドラマの松重さんの髪は真っ黒ですが普段は完全なロマンスグレー。さらにだてメガネをかけ、猫背のため基本、気づかれないんだそうです。会計の時になって『おいしかった』と正体を明かすのだとか」(番組関係者)

毎回、番組の世帯視聴率は深夜にもかかわらず5%をキープするテレ東のお宝コンテンツだが、コロナが蔓延する最中、最高視聴率を更新するかもしれない。

哲学の小径

先日、桐生市の吾妻公園に立ち寄ったところ、哲学の小径なるものがあったので、行ってみた。

いわゆる格言とか名言とかいう類のものが、点々と刻まれている散歩道だ。

中には、知っているものも知らなかったものもあったわけだが、ひとつだけ、とても印象に残ったものがあった。

論語より「徳は弧ならず必ず隣あり(トクハコナラズカナラズトナリアリ)」

今年の10月に小田貴月さんの『高倉健、その愛』が出版されたが、プライベートを一切明かさず、ストイックで孤独のように思われていた高倉健さんにも、ちゃんと隣に理解してくれる人がいたんだな~と、妙にリンクしたので、ここに私自身のメモとして残したい。

ちなみに、高倉健さん(本名:小田剛一)と小田貴月さん(戸籍上高倉健さんの養女)は外で逢うことが、ほとんど無かったという。

彼女は、自分の人生のすべてを高倉健さんに捧げたのだろう。

まさに、徳のある者には、必ず理解して隣で助力してくれる人が現れるという実例である。

私にとっても、初めて触れた言葉で、改めて「無知の知」を思い知らされた。

また、高倉健さんのように、常に徳のある者になる努力をしなければいけないと思う今日この頃である。

人生とは、肉体の限界同様、徳を積む努力を放棄した時が、お終いなのかもしれない。

EC CUBE3.0系で商品画像に変倍がかかってしまう時の対処法

先日、ショッピングカートのEC CUBE3.0系を試してみたが、商品画像に変倍がかかってしまいなかなか解決法がみつからなかった。

試行錯誤を繰り返した結果、とりあえず、解決できたので、ここで紹介したい。

基本的には、縦のサイズ指定に問題があった。

それでは、具体的に説明しよう。

まず、修正するファイルは二つ。

1.EC CUBEインストールフォルダ>html>template>default>css>style.css

2.EC CUBEインストールフォルダ>html>template>admin>assets>css>dashboard.css

上記のファイルをダウンロードするか、またはファイルマネージャーを利用して編集する。

ファイル1が編集できる状態になったら、「item_photo」というキーワードを検索する。

.item_photo img {
width: 100%;
}

上記のような箇所が見つかったら下記のように編集して更新する。

.item_photo img {
width: 100%; height: auto;
}

同様にファイル2が編集できる状態になったら、「item_photo」というキーワードを検索する。

.item_box .item_photo img {
width: 100%;
max-width: 80px;
}

上記のような箇所が見つかったら下記のように編集して更新する。

.item_box .item_photo img {
width: 100%; height: auto;
max-width: 80px;
}

私の場合、いろいろ試した中で以上二ヵ所の修正で商品画像に変倍がかってしまうという問題は解決された。

ここに辿り着くまでに、丸二日くらいかかってしまった。

もし、同様の問題でお困りなら、一度、試してみてはいかがだろうか。

ジビエ

ほとんど年賀状だけの付き合いになっていた岐阜の友人に、昨年、久しぶりに会いに行った時、ジビエという言葉を初めて耳にした。

ジビエとは、狩猟で食材として捕獲された野生の鳥獣のことらしい。

昼食に、そばをごちそうになったのだが、そこの店主が敷地内にジビエ料理のお店をオープンしたということだった。

しかも、そのジビエは、店主が自ら近くの山で狩猟したものだそう。

何とも粋なことをする。

今度は、そばのお礼も兼ねてジビエの店で友人にご馳走したいと思う。

もちろん、ワインでも吞みながら。。。

店主の狩猟武勇伝なんかも聞けたら最高だろう。

実現するまで、お互いに元気でいたいものである。

クマゼミ先生

愛知県で今まで聞いたことのないセミの鳴き声を聞いた。

「シェイシェイシェイシェイ・・・」

調べてみたら、どうやらその正体は「クマゼミ」らしい。

主に西日本に生息しているセミのようだ。

なので、生まれも育ちも関東の私としては、初めて聞いた鳴き声だったのだ。

人間、何歳になっても学ぶことはたくさんある。

学ぶ姿勢を忘れなければの話だが。。。

シェイシェイとないているクマゼミだが、私には「先生、先生」と言っているようにも聞こえた。

クマゼミ先生からを改めて大切なことを学んだ気がする2016年の夏である。