スピリチュアルとオーラの泉

スピリチュアルとオーラの怪しい世界!

ビジネス心理学>スピリチュアルとオーラ


スピリチュアルとオーラというと、最近はあまりみかけませんが、美輪明宏さんや江原啓之さんをまず思い浮かべる方も多いと思います。

具体的にいうと、スピリチュアルとは「霊的な」という意味で、オーラとは生物界に存在する「微弱な電磁エネルギー」のことです。以前は、オーラの泉など、死者の言葉を生存者に伝えるものなどがありましたね。

だんだん、霊的な話になってきました。

なんで、こんな話になったかというと、ビジネスにもスピリチュアルとの関係が多少はあると考えているためです。

特に美輪さんや江原さんがどうのという話しではありません。

その証拠というわけではありませんが、あの船井総研の船井幸雄さんは、すでに、霊的な話ばかりしています。

美輪さんや江原さんのおかげでスピリチュアルとかオーラとかいっても、それほど抵抗なく受け入れられる時代になったのでないでしょうか。

ただ、実際にオーラは誰だって見れるんですよ。

「ステレオグラム」って知ってますか?
昔あった、立体的に絵が浮きでくるあれです。
ちょっとコツがつかめるとすぐできますよね。

うす暗い部屋で自分の手を見てください。
ステレオグラムを見るような目の使い方で。
すると、指のまわりに白いガスのようなものが漂っているのが、ぼんやり見えてきます。
それが、オーラなのです。
私も最初に見たときは、拍子抜けした感じでしたね。

人によっては、慣れてくると色も見えてくるそうです。

ここで言いたいのはスピリチュアルなものが見えたり、オーラが見えたりしても、決して特別なことではないということです。

霊的なもやオーラが見える人が、優れた人格者ということは決してないのです。
(江原さんを否定しているわけではありませんよ(汗))

エンターテイメントのひとつとして、見るくらいでいいと思います。ただ、スピリチュアルな考えは、この後にでてくる宇宙の法則や死後の世界にも関係してきますので、「そんなの信じねぇ~よ、ありえねぇ~」なんて言わずに、頭を柔らかくしておいて下さいね。
このコンテンツはほんの序章ですので・・・!

この先はもっと怪しい世界なんですよ。
がんばってついてきて下さいね。

ちなみに、一流企業の社長や役員たちが集まって何をやるかと思えば、スプーン曲げや空中浮遊ですって!(苦笑)

当然、ごくごく一部だとは思いますが、怪しいですよね。
私はまだスプーンも曲げられません。(練習中)

以前、横浜の中華街へ行った時に、オーラの写真を撮ってくれるところがありました。私も撮ってみましたが、なかなかいいところをついていました。ちょっとした遊び感覚でできるので、興味があればお試しください。
チャイナ服を着て写真を撮るところにあります。

また、本格的なスピリチュアルカウンセラー(江原さんではありません)にも見てもらいましたが、いろいろと参考になりました。ただ、占いとかもそうですが、この手のものは、あくまでも参考程度にしたほうが良いと思います。

実際に、私は、スピリチュアルカウンセラーに三人目の子どもが欲しいという相談をしてみましたが、そのカウンセラーのアドバイスは、「家族のバランスがとれいるので、子どもは二人でいいのでは」というものでした。

それでも、もう一人欲しかったので、三人目にチャレンジしておりました。そして2009年2月に、めでたく三人目の子どもを授かったのです。

このカウンセリングの内容を考えると、私が子どもの面倒をあまり見ないので、妻に負担がかかるという理由だったのです。

私が子どもたちの面倒をもう少し見れば、三人でもいいという判断をしたわですね。今考えると、そういった心の準備をさせてくれるためのカウンセリングだったと思います。

つまり、先ほどもいいましたが、占い師やスピリチュアルカウンセラーのいうことは、ただ参考にするだけです。
結局、自分の人生は自分で決めるしかないのですから!

ですが、魂レベルで考えると、輪廻転生とかとても興味深いですし、何かしら判断の基準に使えることもあると思います。

前回のカウンセリングでは、一番上の子は、前世からのつながりで私を選んで生まれてきたということは分かったのですが、時間がなくて詳しい前世まで見てもらえませんでした。

信頼できる、とてもいいカウンセラーだったので、また機会があれば見てもおうと思ってます。

追記
文中でスプーン曲げについて触れていますが、この度、成功いたしました。
スプーン曲げに興味がある方はこちらをご覧ください。

▲TOP





↓ビジネスマン専用
お洒落なドゥエボットーニYシャツのお得なセット!

↑ビジネス心理学
スマートフォン