アナと雪の女王の感想

以前からビジネスはSSRと言ってきた。

ストーリー、サプライズ、リーズナブルのことである。

ストーリー創りは一番重要で、いろいろと勉強してきた。

だが、だいたいパターンがわかってくると、世に出ている物語がだんだんつまらなくなるという副作用があった。

私個人の現状なので、決して上から目線で言っているわけではないことをご理解いただきたい。

そんな中、現在、世間で話題の作品となっている「アナと雪の女王」をブルーレイで試しに観てみた。

確かにディズニー作品だけあってストーリーは良くできている。

ただ、なぜここまでブレイクしているのかはわからない。

もっと良いストーリーは他にもたくさんある。

大ブレイクする作品や大ヒットする商品には、ある種の神がかり的な「運」もあると思う。

キャラクターで個人的に興味をもったのは雪の女王であるエルサだ。

現実世界でも特別な才能や能力を持つ者は、周囲に理解されないものである。

私を含めた一般大衆は、そういった能力者を変人扱いするのではなく、理解をしようとする努力が必要なのだ。

エルサが自分の能力を開放して自由になったように、それぞれが自分の能力を最大限に発揮できる環境であれば、こんな世の中でも徐々に良い方向へ進むと思う今日この頃である。

何はともあれ、アナと雪の女王、話題の種に一度くらいは観てもいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です