2013年6月アーカイブ

梅雨の時期はどうしても湿度が高くなります。

温度が同じで湿度が高いと、汗(水分)が空気に溶けにくいので、なかなか汗が気化せず、体温が下がりにくくなります。そのため、身体が体温を下げようとして「これでもか」と、どんどん汗を出します。

こうして水分が不足してしまうわけです。

つまり、湿度が高くなる前に水分を多めに摂ることで体への負担が軽減するということです。

例えば、水分が足りていれば呼吸も楽になったりします。

そうはいっても、湿度の変化に気づくことは、なかなか難しいですよね。

しかし、ペットや植物をみていると雨が降る前は自ら水分を多めに摂っているのです。

我々も同じように、この時期、決まった量を設定せずに体が欲している水分をそのまま摂取したほうがよいわけです。

雨がやむ前は自然とトイレの回数が増えて、余計な水分は尿として排出されるので体が整ってきます。

このように自然な欲求と排泄行動のバランスが整えば、梅雨の時期が少し楽に過ごせると思います。

有機桑茶通販店―マルベリーハーブの健康茶―がオープン致しました。

古代より健康維持やダイエットに親しまれてきた植物

今こそ「桑」の力を見直そう!

桑葉の効能

桑葉は糖尿病の妙薬として利用されてきました。しかし、近年の研究で糖尿病だけでなく、高血圧、動脈硬化、高コレステロールなどの生活習慣病に効果があることがわかってきました。その他、便秘や肩こり、ダイエットにも効果があり、現代人の抱える悩みを解決します。

血糖値の上昇を抑える

桑葉に含まれる1-デオキシノジリマイシン(1-DNJ)の作用でデンプン(糖分)の消化が抑えられ、血糖値の上昇を抑えます。もちろんダイエットにもなります。

動脈硬化を防ぐ

桑葉に含まれるケルセチンやモリンなどの抗酸化物質は、動脈硬化の予防に効果的です。

高血圧対策

桑茶に含まれるGABA(γ-アミノ酪酸)は、腎機能を高めて血液中の塩分の排出を促進し、血圧を下げる効果があります。(血圧が正常の方は下がりません)

肩こり、ストレスの解消

桑葉に含まれるGABA(γ-アミノ酪酸)やカリウムは肩こりの解消に役立ちます。またカルシウムも豊富で、ストレス解消に効果があります。

便秘を解消

1-デオキシノジリマイシン(1-DNJ)の作用で分解されなかった糖分は大腸まで運ばれます。その糖分を腸内細菌が酪酸などの酸に変換。その酪酸が大腸のぜん動運動のエネルギーとして使われるので、大腸の働きが活発になります。また、腸内が酸性になるので、善玉菌が繁殖しやすい環境になります。さらに、利尿成分も含まれており、細胞に蓄積された余分な水分を排除して、体の腫れを引かせる効果があります。

メタボ・糖尿・高血圧が気になる方にオススメの桑茶!

桑を英語でいうとマルベリー。読んで字のごとくストロベリーやブルーベリー、ラズベリーなどベリー類の一種なのです。滋養に満ちたマルベリーを有機にごだわって、やさしくおいしく育てました。まずはご賞味ください。
⇒ 有機桑茶通販店―マルベリーハーブの健康茶―

⇒ Pay Palでのご購入はこちら




このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP