梅雨の時期を楽に過ごす~自然な水分補給で増えるトイレ(尿)の回数~

| トラックバック(0)

梅雨の時期はどうしても湿度が高くなります。

温度が同じで湿度が高いと、汗(水分)が空気に溶けにくいので、なかなか汗が気化せず、体温が下がりにくくなります。そのため、身体が体温を下げようとして「これでもか」と、どんどん汗を出します。

こうして水分が不足してしまうわけです。

つまり、湿度が高くなる前に水分を多めに摂ることで体への負担が軽減するということです。

例えば、水分が足りていれば呼吸も楽になったりします。

そうはいっても、湿度の変化に気づくことは、なかなか難しいですよね。

しかし、ペットや植物をみていると雨が降る前は自ら水分を多めに摂っているのです。

我々も同じように、この時期、決まった量を設定せずに体が欲している水分をそのまま摂取したほうがよいわけです。

雨がやむ前は自然とトイレの回数が増えて、余計な水分は尿として排出されるので体が整ってきます。

このように自然な欲求と排泄行動のバランスが整えば、梅雨の時期が少し楽に過ごせると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://la3-beam.com/mt5/mt-tb.cgi/74




このブログ記事について

このページは、beamが2013年6月13日 17:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「有機桑茶通販店―マルベリーハーブの健康茶― オープンのお知らせ」です。

次のブログ記事は「終了と移転のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP