4.三美一体で美しく健康に

| コメント(0) | トラックバック(0)

「大往生への道」では、真の美しさとは、心と身体と肌がバランスよく美しくなることだと考えます。

そこを目指していけば、自然と健康にもなれるのではないでしょうか?

美しさというと姿かたちやバッチリ施されたメイクや最新のおしゃれなファッションに身を包むことだと思われがちです。

しかし、そのような見せかけの美しさよりもっと大切なことがあると考えております。

実際に素肌がきれいだとメイクのテクニックに関係なく、見た目年齢に圧倒的な差がつきます。ぜひとも常に素肌を意識していただきたいところです。
例えば、洗顔の際でもあまりチカラを入れすぎると肌に負担がかかり、トラブルの原因となってしまうので注意が必要だったり、自分の肌にあった基礎化粧品を使用することだったり。

実際に、ファンデーションなどぬらなくても、まったく問題ないほど美しい素肌を保っている大人の女性もいらっしゃいます。

さらに、もっと根本的なところに言及すれば、素直な心からこみ上げる笑顔の美しさに勝るものはありません。

ここまでくると、心の美しさが大変重要となってきますね。

ただ、心の美しさは、目では見えません。そこがむずかしいところでもあります。

美しさを追求する以前にストレスがたまっていては、胃腸に炎症を起こしたり、ニキビを始めとするさまざまな肌荒れの原因にもなってしまいます。

ストレスを無くし、心を美しくしていけば、いずれ肌や身体にも影響し、さらにはしぐさなどにも表れて、素敵な年齢を重ねられるのではないでしょうか?
実はこれが、三美一体の根本となります。

人それぞれストレスの発散法は違うと思いますが、家族や友人とゆっくり過ごす時間で癒されるというケースは多いようです。

気の合う仲間と何気ない雑談をしたり、一緒に食事をして楽しい時間を過ごすと自然と心も健康に美しくなってきます。つまり、人とのコミュニケーションだったり、趣味だったり、何でもいいので楽しいと感じる時間をなるべくたくさんつくることが大切になってくるわけですね。

また、音楽も心とは密接な関係があります。
最近では音楽療法といって、カウンセリングや認知症治療の現場などで音楽が使われる事が多くなってきています。
今の自分の心境にあった音楽をゆっくり聞くのも心を美しくする方法のひとつです。

「大往生への道」は心と身体と肌の美しさ、すなわち三美一体を目指し、あなたがますます美しく健康に暮らしていけるように願っております。

また、ちょっしたタブーにあえてふれてみると、どんな人でもいずれ死ぬのです。どうせ死ぬなら家族やまわりの人に迷惑をかけないように、美しく大往生したいものです。

少なくとも私はそう考えております。そして、このブログが、どこかでだれかのお役に立てばうれしいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://la3-beam.com/mt5/mt-tb.cgi/6

コメントする




このブログ記事について

このページは、BEAMが2012年4月30日 11:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3.健康に生きるために必要な7大要素」です。

次のブログ記事は「肌タイプチェックアプリ~乾燥肌・普通肌・脂性肌・混合肌~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP