ぱっちり二重まぶたはまぶたのシワ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は子どものころから、一重まぶたでした。

睨みが利くなどと言われ、個人的には気に入っておりました。
ビーバップハイスクールが流行った時代です(苦笑)

ですが、病気などで体調を崩すと、なぜか左目だけが二重まぶたになってしまうのです。体調が戻ると、一重に戻るのですけどね。

そんなことを常々不思議に思っていたのですが、二十代のある日、バイクの事故で怪我をしてしまいました。

それからというもの、左目だけが二重になって戻らなくなってしまったのです。

私の友人でも、子どものころから一重まぶたの方がおります。

彼は、花粉症で、目がしょぼしょぼするので、いつもこすっていたら、やっぱり片目が二重になってしまいました。

彼の場合、毎年花粉症に悩まされていたら、数年後、両目とも二重になってしまったのです。

基本的に、二重はただ単にまぶたのシワだと聞いたことがあります。

ということは、年齢と共に、二重になってもおかしくないわけです。

私の場合、いまだに左目だけ二重なのですが、なんだかびっこだとかっこわるいので、どうせらな両方一重に戻したいのです。

ですが、年齢を考えると、シワを消すより増やしたほうが簡単なのではないかと考えるようになりました。

ということで、二重にする方法を調べてみたのですが、いろいろあるようですね(笑)

100円ショップではアイプチという二重のシワを作るためにまぶたに貼るシールも売っております。
しかも、最近では男性も愛用しているとか。

ちなみに、お笑いコンビ2700のツネさんは、二重まぶたの整形手術で50万円もかかったそうです(苦笑)

そんなにお金をかけなくても二重まぶたにするいろいろなグッズもあるようなので、二重にして眼ヂカラをアップしたい方は、いろいろと試してみてはいかがでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://la3-beam.com/mt5/mt-tb.cgi/22

コメントする




このブログ記事について

このページは、BEAMが2012年6月29日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の肌は危険がいっぱい(>_<)」です。

次のブログ記事は「カレイが届けた手紙」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP