洋服の色で紫外線対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

紫外線が気になる季節になってきました。

実は、もっと前から対策しなくていけないのですが、今からでも遅くはないので、ぜひ、始めてください。

さて、紫外線強度はマイクロワット(μW/cm2)という単位で表すのはご存知ですか?

一般的に500マイクロワットから人の肌は日焼けをすると言われています。

ここで、ある実験結果をご紹介します。

異なる色の洋服を着た場合、紫外線強度にどのような差がでるかを測定したものです。

黒い服・・・70マイクロワット

青い服・・・170マイクロワット

赤い服・・・340マイクロワット

白い服・・・500マイクロワット

以上のような結果となりました。

つまり、紫外線対策には黒い服がより効果的ということになります。

また、女性の場合、ちょっと出かけるときにストールを身につけて紫外線対策する方も増えているようです。

それと、日傘を使用する際の注意点はちょっと低めにして、身体になるべく近づけると効果的です。

このような対策をしても、建物や地面などからの照り返しにより、かなりの紫外線をあびていますので、UVケアは必須アイテムでしょう。

肌トラブル予防のためにも夏ヘ向けて、しっかりとした紫外線対策をおすすめします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://la3-beam.com/mt5/mt-tb.cgi/27

コメントする




このブログ記事について

このページは、BEAMが2012年7月 4日 08:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「死んだ人の魂はどうなる?」です。

次のブログ記事は「高血圧の薬は一生飲まなくていけないの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP