肩こり解消に役立つヨガ

| コメント(0) | トラックバック(0)

肩こりいいヨガ肩こりの症状を訴える人の中には、筋肉が張っていないのに、首や肩に緊張やこりを感じる人もいます。

これは、現代社会のストレスが原因の場合もあります。

そこで、ストレス解消法としての複式呼吸とヨガを合わせた「肩こり解消に役立つヨガ」をご紹介します。

肩こりにいい健康ヨガ

1.足裏がしっかりと床にに付く高さのいすに、腹部と太ももが横から見て直角になるように、浅めに座る。足の親指に重心がかかる程度に軽く前傾するのがいい。
こうすると、腰が安定し、自然に肩の力が抜ける。

2.両手の指先を両肩に軽く付けたまま、ひじの先で円を描くイメージで、ひじを前から上げて後ろに下ろす。肩甲骨を意識しながら、ひじを大きく回す。上げながら息を吸い、下ろしながら吐く。これを計10回。

複式呼吸を使い、吸うよりも吐く方に意識を置きます。
吸うときには身体が緊張しますが、吐く時には緩むからです。吐くことを意識すると、自然に深く吸うようになり、血流が良くなり、緊張が取れ、気持ちも楽になります。

慣れてきたら、鼻で吸って口で吐き、吐く時は口を細め、長く遠くへ吐くつもりで呼吸してみましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://la3-beam.com/mt5/mt-tb.cgi/31

コメントする




このブログ記事について

このページは、BEAMが2012年7月10日 10:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「起立性調節障害(OD)と不登校」です。

次のブログ記事は「冬虫夏草で抗ガン作用~エルゴステロール・パーオキサイド~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP