ナンバ歩き・ナンバ走り~卒業式で手と足を一緒に出す子を笑うべからず~

| コメント(0) | トラックバック(0)

陸上400mハードル競技で北京五輪代表となった為末大選手などのスポーツ選手が動きを取り入れたことで有名になったのが「ナンバ走り」です。古武術の「体をねじらない」という考え方を表しており、最近注目されています。

「ナンバ」は右手右足、左足左手を同時に出す足の運び方のことです。昔の日本人が普通に行っていた身のこなしとされています。

語源は、歩きにくい場所を表す「難場」や、「南蛮」渡来によるとする説がありますが、よくわかっておりません。明治以降にナンバの動きは日本人からなくなりましたが、手を大きく振って足踏みする歌舞伎の演技方法「六方(ろっぽう)」や相撲のすり足に、ナンバの動きが残っています。

桐明学園大学教授の矢野龍彦さんは、このナンバの動きを研究し、大学の授業で学生に指導しています。

ナンバが生まれた背景について、矢野さんは「着物で生活していたためではないか」と話します。同じ側の手と足を出す動きを繰り返した方が、現代の歩き方よりも胴体をねじる動作が少なく、着物が着崩れないということが考えられます。

「ナンバ歩き」「ナンバ走り」は体をねじらないため、体への無理が少なく、楽な歩き方なのです。

平らな場所では楽なのかどうかを意識できなくても、抜け道や階段で試してみるとわかりやすいと思いますが、手と足を同時に出していくのが、楽な階段の上り方です。右半身、左半身を交互に倒すようにして、足を階段に乗せていくイメージです。

山登りの途中にきつくなると、無意識のうちに、前に出す足のひざに手を置く人は多いはずです。また、後ろ歩きをすると手と足の動きが同じになると思います。これらもナンバで説明できます。

じつは、ナンバ歩きは、右脳の活性化にも効果的です。思考にいきづまったら、ぜひ、ナンバ歩きをお試しください。いいアイディアが浮かぶかもしれません。

ちなみにある研究組織では、ナンバから現代のような歩行になった理由を「軍隊登場のため」としています。手と足を逆に動かすと思考回路が低下し、命令どおりに行動させるのに都合が良かったということです。

卒業式で、手と足を一緒にだして笑われていた子がいましたが、緊張のため人間本来の行動が出てしまったのかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://la3-beam.com/mt5/mt-tb.cgi/66

コメントする




このブログ記事について

このページは、BEAMが2012年11月 9日 09:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空気洗浄機・ぬれマスク・のどあめでのどを守って乾燥対策」です。

次のブログ記事は「ゲッタマンもおすすめのドローイン!ドローインとウォーキングでカロリー消費量が40%前後上昇!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

▲TOP